結婚式場の3大スタイルについて徹底解説!

代表的な結婚式場のスタイルは3つあります

結婚することが決まったら、挙式や披露宴の準備を始めることになりますが、そもそも結婚式場がどんな種類があるのかもわからない!というお2人が多いことでしょう。一体、どんな結婚式場のスタイルがよく利用されているのでしょうか?そんな方々のために、まずは結婚式場の主なスタイルについて知っておきましょう。結婚式場の3大スタイルは、教会式・人前式・神前式になります。それぞれの特徴についてご説明します。結婚式を挙げる予定がある人は要チェックです。

一番人気の教会式の特徴

教会式は一番メジャーなスタイルで、よくドラマや映画でもバージンロードを憧れのウエディング姿で歩くシーンが見るので知っている人も多いでしょう。キリスト教式の教会で牧師さんの進行により式はすすみ、目前で結婚の誓いを交わします。結婚式場のスタイルのなかでは、一番人気の定番スタイルです。

伝統的な神前式の特徴

明治時代から続く伝統的な神前式は、白無垢姿の和風スタイルの挙式で、場所は神社や神殿になります。両家の縁を結ぶ儀式で、両親や親族内でおこないますが、最近では、友人も参列できる神社や神殿も増えています。

家庭的な雰囲気の人前式の特徴

教会式や神前式よりも自由度が効くのが人前式スタイルです。宗教にこだわることもなく、衣装も好きなように自由に設定できます。愛の誓いは神仏に対してではなく、ゲストのみなさんに証人になってもらいます。堅苦しさがなく一切なく、さまざまな演出もおこなえます。アットホームな雰囲気なスタイルが今若者に人気をよんでいます。

四日市の結婚式場で豪華な結婚式を行いたければ、四日市市内にあるシティーホテルの宴会場を披露宴会場として利用しましょう。