前撮りって何をするの?撮影しておいた方がいい?

前撮りとは何をするのか

結婚式の準備をしている時に、前撮りをするかしないかどうしようかと悩むこともあるでしょう。実際の式の中で写真撮影はできるから撮らなくても大丈夫だろうと思いがちなのですが、意外と本番はばたばたしていて思ったような写真が撮影できずに、後でがっかりすると言うこともありえます。前撮りであれば時間をゆっくり作って、撮影のロケーションや構図にこだわって撮ることができるので、改めて見返して結婚式の思い出を振り返るのにとても大切なアイテムとなってくれます。先に撮影しておくと新郎新婦共にベストな状態の衣装や表情を見ることができますし、ウェルカムボードや年賀状などの挨拶にも使えるので、撮っておくと活用の幅も広がって一石二鳥です。

撮影場所や方法も自分たち次第

前撮りの良い所はゆっくりと時間をかけられることです。写真館選びをするのも楽しいですし、そこから洋装や和装どちらにするのか衣装決めもありますし、スタジオ内または神社仏閣や思い出の場所など外に出かけて撮影するのか、いろんな選択肢があります。同じ格好でも撮影場所やポーズ、小物類が変われば全く違う印象になります。利用する会社によって豊富なプランを用意しているので、予算や日程などの都合に合わせて選びましょう。悩む時にはこれまでの事例写真を見せてもらうのも良いですし、考えた構図を写真館のスタッフに相談しながら一緒に手直しをしたりするのもおすすめです。何より綺麗な写真が残せるとそれだけ思い出も増えますから、結婚前のイベントとして楽しんでみて下さい。

前撮りを京都で行えるスタジオは多くあり、寺社や古民家など他の地域にはないロケーションでの撮影を依頼することもできます。