式場によって大きく変わる?結婚式の相場を調べてみよう

平均的な規模でも300万円くらいはかかる

平均的な規模である70~80人の結婚式を行う場合、費用は300万円くらいかかります。式場によって様々なプランがありますが、基本的には人数が多いほど高くなると考えてもらえば問題ありません。費用からご祝儀を引くことで自己負担額が決まります。70~80人の結婚式でもらえるご祝儀は200万円くらいが相場なので、最終的な自己負担額は100万円前後となるケースが多いです。予算が足りない場合は、両親から援助してもらうなど各家庭の話し合いで解決しましょう。

料理は一人当たり15,000円が相場

料理の費用は一人当たり15,000円が相場となっています。料理のグレードを5,000円分上げる場合、80人出席の結婚式なら費用は40万円アップです。料理と飲み物の費用がセットになっていることもあります。飲み放題を頼んでいたとしても、対象外の飲み物を注文する場合は別料金となるので注意が必要です。料理の品数を減らすなど細かい調整に対応してくれる式場もあります。ゲストの満足度を上げるには、印象に残りやすいメイン料理だけ豪華にするといった方法もおすすめです。

衣装は二人合わせて70万円くらいが相場

結婚式の衣装は新婦が50万円、新郎は20万円が相場です。お色直しの回数が増えると費用もアップします。衣装のグレードを上げるなど、プラン外になると追加料金のかかる式場がほとんどです。万が一式場で気に入った衣装が見つからない場合は、自分で衣装を持ち込む方法もあります。3~5万円ほどの持ち込み料が発生しますが、交渉次第では値引きしてもらえることもあるのでぜひチャレンジしてみて下さい。

京都の結婚式場は軒数も多く、競争も激しい為、低予算でも対応可能な式場も揃っています。予算に限りがあるカップルの方も安心です。